ボクのことを先導者という人がいる。

誰かを引っ張っていく人という人がいる。

 

よくよく考えると、ボクにはその意識は全然なくって、なんでそんなこと思ってくれるんだろうと思うこともある。

 

そして、一緒に寄り添うように歩いているかって言われれば、それもちょっとだけ違う気もする。その気持ちもあるつもりだけど、ほんの少しだけニュアンスが違うと思ってる。

 

で、最近というか、今気づいた。

今日はblogを書かないでおこうって思ったんだけど、気づいたら書きたくなった。

 

だから記しておく。

 

 

 

 

 

 

いい芽が出るような、そんな土を。

いい芽が出るような、そんな土を。

 

ボクは、土壌を創りたいんだ。

 

 

みんなが寄れる場所をつくりたいんだ。

そこで、つながる笑顔がみたいんだ。

 

 

 

ああ、ここに来てよかった。

この人と出会えてよかった。

そんなつながりをつくりたいんだ。

 

 

 

 

そして、みんなでそんな芽を育てたいんだ。

 

 

 

そこで育まれた小さな芽が

いつしか大きな木になって

そこにしかない花を咲かせ

さらに人が集まって

 

みんなは笑顔になっていく。

 

つながるはずのなかった人たちがつながって

そこではとっても豊かな気持ちになって

それは素敵な思い出になっていく。

 

 

 

場所と、思い出。

時間と空間。

 

どこで、誰と過ごしたか。

誰と、どんな時間を過ごしたか。

 

いろんなことを全部ひっくるめて

 

 

 

ノスタルジーを、創ろう。

 

 

結局そういうことなんだなって気づきました。

 

何やってんだって思われるかもしれない。そう思われることは、やっぱり少しだけ傷ついている。

 

でも、それ以上の想いがある。だから、ボクはこれからも土壌をつくり続けます。

 

みんなが笑顔になれる、そんな土壌を。

優しい芽がいっぱい育つ、そんな土壌を。

 

f:id:kawarasista:20160612070831j:plain

たくさんの緑、そしてはにかむボク。

その後ろには、瓦屋根が窓に反射してたりしています^^