「綴り」の流れを書いておきます。

現在合計6名の方に「綴り」を打診されています。ウチ二人は実際にお会いし、もう書き上げました。

 

で、今一度「綴り」って何をするか書いておきますね。

 

buranding5

 

これは、ボクがあなたとの対話を通して、あなたを紐解いていく作業です。そしてそれを文章化することです。

もう少し具体的に言えば、対話を通して自己受容、自己肯定をしてもらう。出来ている人はより深くしてもらう。そんな感じです。

また、持てなかった勇気を持ってもらったり、決断してもらったり、行動してもらったり。そんなことが自らの力で出来るようにサポートしていくことです。

 

で、何をするか順番に書いておきます。

 

①なぜ依頼してくれたかを聞きます。

当然これは目的があって依頼してくれているはずなんですけど、その目的にボクが綴ることが集約されている気がします。自分の気持ちが分からないから依頼した。となれば綴りの出口はそこになることが多いだろうし、会社内コミュニケーションをよくしたいから依頼したとするならば、綴りの出口はそこになります。

そして、最初に2つの質問を投げかけます。

 

②雑談します。

これは常に雑談するかもしれないですけど、あなたの緊張をほぐすためにも、ボクの緊張をほぐすためにもなんでもない拙い会話をさせていただきます。もしかしたら漫画の話で盛りあがるかもしれないですね。あ、そうだ。今ならもれなく「真田丸」はめっちゃ語れます。

 

③33個の「言葉」を用意します。

これは、ボクがその人の心の中を覗くために必要だと思った言葉があります。

その中の一つずつを選んで会話しようと思っています。

最初から全部見た状態で自分でこの言葉の話がしたいと言ってもらっても構わないし、全部の言葉を伏せた状態で何を選ぶかは天に任せるのもいいですね。

あ、ということは言葉を書いたカードを作らなきゃ。

まだ出来ていませんが、何かで代用します。

ここはトップシークレットなので、秘密です。と書こうかと思いましたが、そのウチの5つの言葉をご紹介しておきますね。

その5つは

 

勇気

調和

真剣

結末

善良

 

例えば勇気。これは今まで勇気が持てなかったとかでもいいし、勇気を出したから出来たこと。そんなことを語ってもらいます。時系列に聞くかもしれないです。過去の勇気、今の勇気を出していること、今こんな勇気を持ちたいんだということなどなどです。

 

こんな言葉です。あと28個ありますが、それは秘密です。時間的にすべては無理だと思うので、少しでも多く聞きたいです。それも元に後日ボクなりに綴っていきます。

 

④3つの質問を投げかけます。

ボクがとっても大事だと思ってる質問を3つ投げかけます。そのウチの2つは最初にした質問と同じ内容です。それと同時に、ボクが幸せとはなんなのかって話をさせていただきます。

 

以上が今ボクが考えている「綴り」の流れです。

もちろんこっちの方がよりいいともったことがあればすぐに変えます。だからこの記事は今時点ってことにしといてくださいね。

 

 

自分のことをもっとよく知ってみたいとか、背中を押してほしいとか、そんな人、よかったらご連絡ください。自分のことを深く知るいい機会がと思います。人によっては背中を押さずに行っちゃダメっていうかもしれないですけどね^^

 

ちょっとカッコつけてます。 カッコいいかどうかは別の話です。

ちょっとカッコつけてます。
カッコいいかどうかは別の話です。