なんか気付いてしまった。

 

笑顔をつなげていきたいと思ったけど、

 

その笑顔の奥には、必ず辛さや悲しさもあることを。

 

それを忘れることは自分への否定であることを。

 

それも全部受け入れて、初めて笑顔になれることを。

 

 

 

 

 

笑っていることと、笑顔でいることは、違う。

 

 

伝わっていますか?

 

今日はとことん自己中blogでいきますよ。いつもは寄り添うように書いているつもりだけど、今日はついてこれない人は置いていくよ。

 

 

ボクの夢は、つながる笑顔を創ること。

 

近い人から順番に、笑顔になっていってもらうこと。

でも、昨日あらためて、夢は何ですかと聞かれた。

 

その時、ボクはこう答えた。

 

「人が変わる瞬間にいっぱい立ち会いたい」

 

自分で回答してて、そうなんやって思ってしまった。

 

 

 

 

でも、そういうことなんやって思った。

笑顔を創りたい、の、もう少し深い部分というか、手段の話。

 

やみくもにポジティブにならずに、ネガティブも受け入れて少しだけポジティブに生きる。

 

犯してしまった過ち、忘れたい過去。でもそれも全部受け入れて、迷いながらも前に進む。そして、過去を変える。

 

やりたいことがあるのに、自分で言い訳を作ってしまってやれない事実を自ら作り出している。

 

そのことをクリアしていかないと、笑顔なんて創れない。

 

どんなに惜しくても捨てなければいけないことがある。

どんなに苦い思い出でも捨ててはいけないことがある。

 

前を向いていかなくてはいけない。

でも、過去を受け入れないと、本当の意味で前に進むことなど出来ない。

 

 

それが、reckless。

意に介しない。

真の意味では捨てることと受け入れることは似ているのかな?

 

 

伝わってますか?

伝わってないな(笑)

 

そこに気づけば、人生変わる。

その瞬間を創り出したい。

 

やっぱりボクはビジネスマンじゃないわー。

 

今日はあえて短いblogにしてやった。

自己中blogだけど、伝わってくれたらうれしいな。