努力という言葉って、好きな人と嫌いな人で結構分かれます。

 

それは、人によって努力という言葉に対する価値観が違うからです。

 

努力

ある目的のために力を尽くして励むこと。

心をこめて事にあたること。

骨を折って事の実行につとめること。

 

ある目的のために力を尽くして励むことや、心をこめて事にあたること。

この意味で捉えているなら、たぶん努力って言葉が嫌いな人はいないんじゃないかな?

 

でも、骨を折って事の実行に努めるっていう意味が、好き嫌いが分かれるトコなんだと思います。

 

この捉え方をすると、我慢するとか、耐えるとか、そんな意味が含まれているような気がしますからね。

 

 

だから、努力なんてしてはいけない。

好きな事を一生懸命すればいい。

 

そんな風に思う人が、努力という言葉を嫌うんだと思います。

 

 

で、ボクはこう思うんですね。

 

 

 

 

そんなんどっちでもええやんって。

 

 

 

 

冒頭に書いたように、価値観が違うんですね。

だから、努力という言葉に「美意識」を感じたら使ったらいいし、違和感があるのなら使わないでいい。

 

結局そういうことなんだと思います。

 

でも、自分と違う意見の人を否定しない。

その上で、自分の価値観を信じる。

 

 

そんな風な感じでいいんじゃないかって思います。

 

 

言葉はすっごい大事です。

自分を弱めますし、強めます。

 

だから、あなたの価値観で選んでくださいね。

 

 

 

うーん、今日のblogは伝わったかなー?

 

セルフブランディング七つのステップ.035

 

セルフブランディング七つのステップ、自己尊重の部分です。

自分の好きな事、今回は好きな言葉ですが、それを尊重してくださいね^^

 

 

自分が楽しい方がいいよね。

周りの人も楽しい方がいいよね。

ワクワクをみんなで共有出来れば、超いいよね。

家族もお客さんも社員さんも、大切な人がみんなワクワク。

そんなんいいよね!!!

どうも

瓦が織りなす風景が大好きな

ワクワクシェアコーチ 

瓦ジスタでした。

スカイプ相談、始めました!

初回1時間、完全無料でお届けします!