しゃべりがめっちゃ上手い人見て、うわ〜すごい。

あんな風になれたらなぁと思う人は大概打席に立っていません。

打席に立たずしてもう出来る人との隔たりを作ってしまってます。自らがね。

 

まずは打席に立ちましょう。

 

そうすることでしか分からないことがあるのです。そして経験を積む事で少しずつ出来るようになるのです。

 

そこで初めて気づくのです。

 

本当にしゃべりが上手い人との自分の差を。

ここで大事なのはさっさとその人のようになることを諦めること。

それよりも自分らしさを追求していくこと。

 

 

ボクは饒舌に話すことは諦めてます。

ボクは思考スピードが遅いのでその考えてる時間、「間」を大切にしています。

そして頑張って出て来た言葉、その一言に重みを持たせる。そんな努力をしています。

 

笑わせたいけど笑わせない人はもうそこも諦めたらいいのです。

それよりも驚きや感動に力を注げばいいのです。

 

兎にも角にも、まずは打席に立つこと。

 

そんなこともしようとしない人は最後の時を迎える時に、ああ〜、あん時やっとけばよかったと悔やめばいいのです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

しゃべりの話を書きましたが、全ての「選択」や「憧れ」の話ですよ。伝わってますか?

立つ