おはようございます。
 
今日はいつもより30分早起きです。
 
 
ゆったりとコーヒーを飲みながらblogを書こうと思ってます。
 
前から書きたかった内容ですので、まあまあ気合が入っております。
 
渾身のダジャレを堪能してください。
 
 
 
違うか。
 
 
 
 
 
 
 
 

とうそうの話

 
 
 
コミュニケーションにおいて、意見が合わなかったりぶつかったりするのはよくあることだと思います。
 
ひとりひとりが違う人間なんだからそれはある意味仕方ないことなんだと思います。
 
でも、ほんの少しだけでも相手の意見を認めることが出来れば、自分の気持ちはよりいい方向に変わっていくんだと思います。
 
 
 
 
 
闘争か逃走。
 
 
 
 
意見がぶつかる時はこのどちらかを選びがち。
 
とことん相手を言いくるめてやろうと思うとそれは闘争となってしまいます。
 
自分の意見を「通そう」とし過ぎると、そういうことになります。
 
 
そこには勝ち負けが明確に存在してしまい、支配者と支配される者に分かれることになる。
 
 
支配される者は多くの場合渋々の服従です。それではいい関係は築けません。
 
 
 
 
 
自分が引けばいいと思い、自らその場面からの逃走を選ぶ。
 
話がまとまるのは「遠そう」だと思ってね。
 
それでは自分は本来やりたくないことをすることになるかもしれません。
 
つまり、嫌嫌するのです。
 
 
 
 
 
通そうが闘争を呼び
 
遠そうが逃走を呼び込みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の投稿は、もうこの二行が書きたかっただけという噂もありますが、もうちょっと書きます。
 
 
 
 
こういった事態を防ぐ方法の一つとして、「話し合いの前の話愛」をすることが大事かなって思ってます。
 
 
 
 
 
「この話は、私と私の話し合いではなく、私たちの話だよね。」
 
 
「お互いの意見を尊重しようね。否定はせず、まずは一旦受け止めようね」
 
 
「お互いの立場、背景を考えようね」
 
 
「いつも心に調和するってことを考えておこうね」
 
 
「どうしても譲れないことが相手にはあるってことも理解しようね」
 
 
「踏み込む勇気も、相手に対する思いやり、どちらも大切にしようね」
 
 
 
 
 
などなどです。
 
 
 
日常的な会話の場合は、そういやあんなこと書いていたなって思ってもらうだけでいいかもしれないですが、大事な話や、もつれそうな話になりそうなときは、しっかりとこの部分について話愛をしておくのが大切かなって、ボクは思っています。
 
 
 
 
言っておかないと伝わりません。
 
 
 
ヒートアップした時は尚相手を考える余裕がなくなっていきます。
 
だから前提として先に話しておく必要があるのです。
 
感情をコントロールすることは出来ないから、感情を呼び起こす「思考」を先に整理しておくことが大事なんです。
 
 
 
 
話し合いの前の話愛。
 
大切にしてみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛は動詞です。
 
そうすることを選んでみてくださいね。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 
人生は  
 
 
誰と 
 
 
どこで 
 
 
何をしたか。
 
 
そしてその時どんな気持ち(感情)だったか。
 
 
それが大事なんだと思う。
 
 
そんなブログを主に書いています。
 
そして、ボクが伝えたいことはこちら→☆☆☆
 
 

らいん@バナー

 
LINE@始めています。
 
 
こちらから入れます→☆☆☆
 
基本的には勝手にゆったりカウンセリングみたいなことを書いていきます。
 
お気軽に登録してください。
 
解除もお気軽に〜。