SNSをしだして、今までやってたことでこれは今後控えていこうって思ったことがある。それが食事中のSNSだ。SNSがインフラになりつつある現代ではそれは逆行かもしれないとも少しだけ思うが、これからはそうしようと思う。

 

いや、実はまだやりたいなって思ってる。でもこうやって決意してみんなに晒さないとまたやってしまいそうで。

 

あ、少し誤解があるかもしれないからもう少し付け加えておく。えっと、料理を撮るのもするし、インカメもする。そういうのではなくって、口に料理を入れながら、横目でスマホを見るのをやめようと思うのだ。

 

 

 

味わって食べる。

 

 

そう、食べるときにしっかり集中して食べようと思うのだ。感覚を舌に集中し、美味しいなって感じながら食べようと思うのだ。あ、美味しくない時はイマイチだなって思いながら食べようと思うのだ。

 

 

 

世の中、そんな感覚で食事することが減ってきてる気がする。それはボクがそうだったからそう思う。いや、これがボクだけなら申し訳ない。

 

 

SNSで料理の写真をよく目にする。そして「めっちゃ美味しい!!!」って投稿している人ががわんさかいるが、たぶん大してそこまで味わっていない。言いたいだけだ。だってボクがそうだったんだから。意識は、舌ではなくどう見られたいかに移っていたんだ。

 

 

料理マンガなんかの表現はそれはそれはギャグだ。食べた瞬間背景に花が咲いたり、食べた瞬間服が破れることもある。でもそれくらいしっかり味おうと思って食べることって大事なことなんじゃないかって思う。

 

 

人は、取り入れた言葉と取り入れた料理で出来ている。

だから、どんな気持ちで取り入れたかってめっちゃ重要だと思うんだ。

 

 

 

 

そして、「いただきます」と「ごちそうさま」に今よりももっと心を込めたい。

 

命をいただいたということと、作ってくれた、運んでくれた。届けてくれた。そんなことをうっすらとでもいいから、いただきますとごちそうさまに心を込めたいと思う。感謝の気持ちをね。

 

たぶんそれは、緩やかで豊かなゴキゲンをつくってくれる。そんな気がする。

 

 

さあ、あなたはゴキゲンかい?