最近よくTwitterを見るようになった。これは間違いなくわいざんとイトーちゃんのおかげだ。ありがとう。

 

Twitterを見ていて思うのは、表現する人が増えた、そしてそれを見る人が格段に増えたこの社会では、より言葉が人の人生を創っていくんだと思う。ボクはそんなことを確信している。

 

ポジティブな言葉を発する人、ポジティブな行動をする人をこの目で見えるようになったは本当にSNSをしててよかったと思う。自分の中にそんな人の力を取り込むことが出来るのだから。全てが糧になる。自分を大切にしている人を見るのは本当にいいことだ。

 

 

 

でも、そうではない人もいる。

 

 

愚痴、嫌味、嫉妬。

 

そんな言葉を自ら発し、そしてそんな言葉を好む人もいる。それはさらに自分をゆっくりと闇へと落とし込んでいく。周りの人を巻き込みながら。周りの人はまた負のオーラを発しそれがまた自分に染み込んでいく。ほんまにエライコッチャなんだ。

 

 

でも実は、愚痴や嫌味を言う人も、とっても自分を大切にしている。

 

 

でも、大切にするの意味が違う。

全く違う。

 

 

ポジティブな人は、自分が大切だから全部自分の責任って思ってる。その方が前に進めるから。

愚痴ばかり言う人は、自分が大切だから全てを人のせいにしている。その方が前に進めるから。

 

ポジティブな人は自分の責任で自分の人生を生きていて、愚痴ばかり言う人は結果を外ばかりに求めてて、誰かの人生の片隅で生きている。

 

ボクなら、自分が大切だから自分の人生を楽しみたい。そしてそんな人生を全うしたい。

 

 

愚痴を言ってすっきりでご機嫌。その場限りのすっきりご機嫌が好きならそれもいいだろう。でも、もっと人を大切にして緩やかに豊かにゴキゲンに。ボクはこっちをオススメする。

 

でも人を大切にするあまり自分を大切にしなくなったら本末転倒。それはまた別のお話で。