自信というものを勘違いしている人へ。

自信がある人、ない人、どちらもいます。

言葉だけみれば、自信があるって自分を信じること。たったこれだけの話です。

 

まずは自信のない人へ。

これはもう自己受容や自己肯定。そして、「その」自信を持つために日々何かしらの努力をしていく。努力と思わないほうがいいかな。「その」を持つために日々行動していく。これしかないのだと思います。

ボクは、この自己受容や自己肯定できない人のために出来ることをしようと思っています。ここでは案内しませんが、いずれ言いますね。

 

今回はそうじゃなくて、自信を持っている人へ、ちょっとみてほしいな〜なんて思いながら書きますね。

 

自信というものを勘違いしている人たちへ

 

もう一度書きますね。

自信とは、自分を信じることです。これ以外の意味はありません。

 

「他人と比べて」なんて意味はないのです。

ボクは、自信を持つって相反する二つの事柄の組み合わせだと思っています。

それは

 

 

自己研鑽によって導かれる自信

そして、前述したような、全く根拠がないのになぜか自信がある(自己受容や自己肯定)

 

自己研鑽が「コト」だとしたら、自己肯定や自己受容は「ココロ」です。

この「コト」と「ココロ」の両方を満たすことが出来たなら、自信は「確信」に変わります。

 

あ、話を戻します。

これを勘違いしている人がいるんですよね。

人と比べて自信を持つ人がいるってことです。

 

虚構の自信

 

それは完全に嘘偽りの自信です。自分よりまだ出来ていない人や、出来ない人を見て勝手にそんな感情になっているだけです。

もうそれは自分を信じているんじゃなくて、相手を貶めたりすることで不安を払拭しているだけです。もう完全にこれは他人軸。見る対象を変えれば「その自信」は簡単に崩れ落ちていきます。

今一度、あなたの思考を考えてみてください。

もしかしたら、自分に自信がないから、不安だから誰かを攻撃して虚構の自信を持ってしまってはいませんか?

それで持てた虚構の自信では、仮初めの満足しか持つことが出来ませんよ。

少なくともボクはそう思います。

 

自信を持つ

 

まとめますね。

というか何回も書きましたが、まだ書きますね。

 

自信を持つとは自分を信じること。

自分を信じれるためにすることは自己肯定と自己受容。

そして、それに向かっての自己研鑽。

これしかないんだと思います。

自分を信じることから始まる。なんて歌詞がありましたね。絢香です。

自分を信じることから始まる。なんて歌詞がありましたね。絢香です。

 

それが、あなただけの個性になっていくのです。

伝わってくれたらうれしいな〜。