LINE@
LINE@にて悩み相談受付中

たまには鬼になるときもある。〜鬼サッカーコーチ〜

ボクは水曜日はサッカーコーチをしています。5年前くらいに、ある人に頼まれて引き受けることになりました。

 

といっても、週一でサッカーが出来る環境を提供しているだけで、試合なんかは出たことないし出るつもりもありません。ちょっと時間的にも厳しいのでそういうスタイルをとっています。

 

基本的に試合ばかりしています。上手くなることより楽しむことを重要視しているからです。それを知ってか、保護者の方も子どもにコミュニケーションをうまく取れるようになってほしいとか、とりあえず運動をさせたいという気持ちから参加させている場合もあります。あ、サッカーにイヤイヤ来ている子はいません。それなりに楽しんでやっています。

 

結構適当にやってます。ボクが口を酸っぱくしていうことは二つだけ。

 

ボールを見ろ!

団子になるな!

 

これだけです。それなりに上手だったら他のサッカーチームで活躍している子には違う指導もしますが、基本これだけです。でもこれがなかなか聞けない(笑)

 

でも、それでもいいのです。楽しそうにやっているから。

 

しかし、サッカーをせずにただ遊んでいる子を見ると、ボクは周りが引くほど怒ります。子どもの胸ぐらを掴んで、「お前はいったい何をしに来てるんや?」と鬼の形相で怒ります。そこは保護者がいても関係ありません。

 

ですが、その一連の怒り(怒ってないけど)が終われば、極めて普通に接します。だからすぐに子ども達も笑うようになります。

 

休憩時には特に低学年なんですけど、ボクが座っているとボクの膝に座りにきます。お前なんしょんや!っていうと、だって座りやすそうやのにーって言います。

 

まあそんな感じで緩くやってます。

目的は、強くでも上手くでも勝つでもなく、楽しく、です。

 

 

基本小学生対象ですが、卒業した中学生もたまに遊びに来ます。ボクの指導のおかげで四国トレセン合格者もいます(ボクに指導のおかげってのは嘘です)。

 

仲良くやってるの見ると、ボクはゴキゲンになれます。

相互ゴキゲンがつくれていたらいいな。

 

 

では、今日もゴキゲンで。

少しでもあなたの役に立てますように。

 

さあ、自分の人生を愛そう。