LINE@
LINE@にて悩み相談受付中

ヒゲとボイン

ヒゲ「俺はボインが好きなんだ。顔も歳も関係ねぇ。ただボインであればそれでいい。それが俺の生きる道。なんか文句はあるかい?」

 

ゴキゲン「いや、ないです。でもどうしてそんなにボインが好きなんですか?」

 

ヒゲ「お前すごいと思わないのか?どう考えてもアレをボインと名付けるってすごくないか?アレ触っても揺らしても絶対にボインなんて言わないぞ?いや、鳴らないぞ?なのにアレをボインって名付けるって半端ねえと思って、俺はめちゃくちゃボインが好きなのよ」

 

ゴキゲン「な、なるほど。大きいから好きだってわけではないんですね。」

 

ヒゲ「おうよ。まああるに越したことはないが、それよりも響きが好きなのよ」

 

ゴキゲン「ああー、それはなんとなく分かります。ボクはバスコ・ダ・ガマが好きです。何した人か知らないけど、響きが好きです。」

 

ヒゲ「お、おう。なんかよく分からんが俺のボイン好きに通じるものがあるな」

 

ゴキゲン「ですよね。でもボクは普通にボインが好きです」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

twitterでお題をいただいてblogを書きました。

 

このblogを通して言いたかったことは、人の趣向が理解出来なくても、理解出来ないからと言って否定することもないですよね。なるほど、そうなんや。で終わっておけばいいのです。

 

ゴキゲン「そんなん絶対いかん!ボインが好きということはアレが大きいのが好きっていうことや!そうでなかったらいかん!ヒゲ許すまじ!」

 

なんて言わなくてもいいんです。

きっとその方がゴキゲンですから。

少しでもあなたの役に立てますように。

 

さあ、自分の人生を愛そう。