昨日は夜ご飯を食べに行きました。もう二十五年以上前から知っているのに、まともに話したことがないタカシとです。。。まあまあの強面で人見知りなシャイなあんちくしょうという共通点があるタカシとタカシ、サシ飲みです。ボクはノンアルコールビールとオレンジジュースでしたけどね。

 

SNSで普段話してる?から特別違和感はなかったのだけど、最初は緊張しました。タカシもそうだったはず(笑)あらためてあんな席になると照れるんですよね。

 

で、思った通りというか、あらためてやっぱりそうだよなってことが彼に対してありました。それは傾聴力。ちゃんと話を聞く力です。これが凄い。ま、これはボクも圧倒的に持ってますが、彼も凄かった。分りやすく言えば、話の腰を折らないとか、相手の意見を最後まで聞いてから自分の意見を言うってことなんだけど、案外これができない人が多いのです。話を最後まで聞かないとか、そもそもちゃんと話を聞かないとか。

傾聴力ってコミュニケーションにおいて最も大事なことだと思います。

だから昨日は心地よい時間が過ごせた。お互いが自分の意見をちゃんと言うし、聞くし。

 

そして、「でも」「だって」とか言葉が出てこないんですよね。言い訳を言わないんです。

やりたいけど出来ないなんてど阿呆がいうみたいなことを話さない。今やれないのならいつかやれるような方法を考える。出来ない理由よりやりたい想いを語るんですよね。それも本当に心地よかった。

 

たかしとタカシ。ひらがなとカタカナに深い意味はございません。

たかしとタカシ。ひらがなとカタカナに深い意味はございません。

 

そしてあらためて感じることが出来たことがあります。

 

最も深く話せるのは、対面して一対一で話すとき。

じっくり腰を据えてお互いが見えるとき。

 

これが昨日本当によく分かりました。ちゃん自分の意見を言うことが出来、それだけに集中して聞いてくれる人がいる。相手が意見できる場をつくり、それのにみ集中して聞く。この時に一番伝えやすく、伝わりやすい時間と空間が持てるんだなって。

 

本当にいい時間が持てました。たかしからタカシへ、ありがとう。

 

もし、ボクと対面したい方がいれば連絡くださいね。がっつりお互いにお話しましょう^^