人生は  

誰と 

どこで 

何をしたか。

そしてその時どんな気持ち(感情)だったか。  

でも、感情は自分ではコントロール出来ない。

自分でコントロール出来るのは心の在り方と、行動だけ。  

 

だからこそ、「過去を認めて自分(未来)を信じて今をゆく」

そのためにも、「感謝」「応援」「主体的」。

そんでもって、ワクワク!  

 

そんなマインドをあなたに持ってもらいたくて、こんなブログを続けていきます。

それが絶対に幸せにつながると信じているから。

それがゴキゲンにつながると信じているから。

あなたやあなたの周りの人に、笑顔がつながっていくと信じているから。

 

そして、もしあなたがボクのこのブログを読んで、ああよかったって思ってもらえたなら、少しでもあなたの力になれたのなら、ボクのお願いを聞いてください。  

本文はここからどうぞ↓↓↓  

 

 

何がボクを変えたのか?

 

誰だって、辛い過去はある。

でも、それを今どう感じるかが大事。

そんな話を今日は書いてみようと思う。  

かつてボクは本当に人と話すのが苦手だった。

昔からの仲間とは普通に話ができていたけど、新しい人と話すことは本当に嫌だった。

出来れば自分の「いる」世界だけで過ごしていきたかった。

でも、そんなことを続けていたら仕事がなくなった。  

ボクは瓦屋(屋根屋)の跡取りとしてずっと仕事をしてきた。

職人としてだ。

職人だったらそんなに人と話す機会もないしね。

その時はそれでうまくいっていた。

時代のおかげだったのかな?

営業なんてする必要がなかった。

勝手に仕事がたくさん舞い込んできてたから。  

 

でもある日、仕事がなくなった。

 

これもあれだ、時代のせいだ。

景気の悪い時代に突入してしまったから、仕事がなくなったんだって思った。

本当は、自分のせいなのにね。営業しなかったせいなのにね。

 

うちの会社は営業がいなくて、職人集団だったんだ。

営業がいなくてもどんどん仕事があったから。

でも、そんな不景気の時代になれば、当然仕事は減るしなくなる。

ウチは完全にその体現者だった。  

営業に行かなくては行けない。

そんな思いもあったけど、出来なかった。

ただただ、営業が、人と話すのが苦手だったから。

 

そんな時、彼が来た。

彼は瓦の営業マン。

 

瓦製造の営業マンね。

ウチは屋根屋だから、ウチがお客さんってことね。伝わってますか?  

 

ボクはもうその時心が折れててんだ。

もう無理だって。 この仕事やめようって。  

 

でも、その営業マンは瓦の未来や希望や夢を語るんだ。

正直、バカだなって思った。  

でも、なぜか、このバカともう一度頑張ろうって思った。

営業しようって思えたんだ。

ただ、単純にそれだけ。  

いろいろ趣向を凝らして営業に行った。

すると、ボクはその才能があったのかどうかわからないけど、きっちりと売り上げをあげた。  

それもむちゃくちゃ上がった。    

 

まあ、それは別にどうでもよくて。    

 

ボクの人格が完全に変わった。

人と出会うことが好きになったんだ。

どれほど変わったかというと、小さな小さな田舎の屋根屋が、全国の瓦屋さんに向けてのサミットを主催するほどだ。

 

ここで言いたかったことは、人との出会いが自分を変えるってこと。      

 

それは偶然かもしれないけど、生きてればとんでもないターニングポイントが来る時がある。

 

ボクは、かつてのその時に変わることが出来たからね。      

 

今、ボク自身がそんな人間になりたい。

人を輝かすことが出来る人間になりたい。

その方法は、その人の心の在り方と行動をより良きものにすること。      

ボクにはその才能が溢れていると思ってる。

だから、今悩んでいる人や、実現させたい夢がある人に会いたい。

その人の力になりたい。 そんな活動をしていきます。      

 

 

それでね、あなたにボクと出会ってくれてよかったって思ってもらったら、ボクはあなたにこんなお願いをしたいのです。

 

  15380601_1192441060846173_3452269156754800726_n  

 

風景をみてね。

そこにしかない価値をつくっていこうね。

ボクにとっては、それが瓦。 瓦をよろしくって。      

ボクは瓦を残していきたいと思ってる。

この文化や伝統をしっかりと守っていきたいと思ってる。

でも、それは本当に難しい話。

ただただ瓦はいいですよって言ったって、それは人には響かない。  

ニッチな部分。

つまりそこに共感してくれる人だけを相手にするのなら、それは経済活動の世界。

それならば自らの「対価としての仕事」は増えるかもしれない。        

 

でも、それじゃ先につながらない。

 

ニッチはさらなるニッチを呼び、真の意味では瓦は残っていかない。

(でも屋根屋さんや瓦屋さんは、そのニッチを目指さなければいけないとも思ってます)        

だからボクは、手段を変えています。

ボクはボクのやりたくって、そして出来ることで、まずあなたに貢献する。

あなたの心の在り方と行動をよくすることで貢献する。  

 

そして、ボクはこういうのです。

もう一度書きます。    

 

風景をみてね。

そこにしかない価値をつくっていこうね。

ボクにとっては、それが瓦。 瓦をよろしくって。

 

 

14117755_1086552831434997_8257562868470386178_n  

おバカな手段とわかっていますし、共感されない部分も多いけど、それでもボクはこの方法でやるのです^^

  でも少しでも共感してくれたらそれはもう、めっちゃ喜びます!(笑)

 

読んでくれてありがとう!