体がデカくなったのに、今まで着ていたシャツを着てネクタイをすると首が絞まる。

すると顔が赤くなる。

 

これは真理ですね。

先日学びました。

 

 

 

 

とまあ冒頭はこんな感じで、今日のblogを書きますね。

 

 

 

ある文をシェアします。

 

 

 

批判されて育った子どもは、裁くことを学ぶ。

安定した家庭で育った子どもは、自信を持つことを学ぶ。

喧嘩の多い家庭で育った子どもは、争うことを学ぶ。

寛容な家庭で育った子どもは、愛することを学ぶ。

不安に包まれた家庭で育った子どもは、恐れることを学ぶ。

褒められて育った子どもは、目標を持つことを学ぶ。

哀れまれて育った子どもは、自分を惨めに思うことを学ぶ。

認められて育った子どもは、自分を好きになることを学ぶ。

妬まれて育った子どもは、罪悪感を持つことを学ぶ。

親切にされて育った子どもは、この世界は素晴らしいところだと学ぶ。

 

作者は不詳ですが、こんな文が残されています。

 

 

 

うん、じゃあウチの子は幸せなんだと思う。

ああ、胸が痛い…。

 

 

人によっていろんな感情があると思います。

 

でね、ボクはこう思うんですよね。

 

 

 

 

人間として生きてる以上、ここにある全てがほんの少しは当てはまるんじゃないかって。

 

いい大人になるまで、批判されたことない人なんていないだろうし、不安に包まれたことを経験してない人なんていないと思う。

喧嘩だってみてきただろうし、親切を感じれなかったことだってあると思う。

 

だから、あなたもちょっぴりだけは、あなたの子どもを不安にさせたり、哀れんだり、認めなかったりしてると思う。

 

 

 

 

でも、それでいいと思う。

 

聖人君子や悟りを開きすぎの人なんて、もうそれは人間じゃないと思うから。

 

光と影があって人間で

陰と陽があって人間だ。

 

 

 

 

大事なことは、これからのこと。

 

これからどんな人間に育ってほしいかを考えること。

そして、そうなってもらえるように関わること。

そうなってもらえるように愛すること。

 

 

 

いっぱいの幸せを感じている子を親は、いっぱいの幸せを感じている。

 

そしてそれは逆もしかり。

 

幸せな親の元にいる子は、幸せだ。

 

 

 

 

大事なのは、これからのこと。

 

 

 

 

愛は動詞。

 

主体的に、応援、感謝を持って関わっていこう。

 

今日お伝えしたかったのはこんなことでした。

何よりも関わってくださいね。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

人生は

 

誰と 

どこで 

何をしたか。

 

そしてその時どんな気持ち(感情)だったか。

 

それが大事なんだと思う。

そんなブログを主に書いています。

そして、ボクが伝えたいことはこちら→☆☆☆

らいん@バナー

LINE@始めています。

こちらから入れます→☆☆☆

基本的には勝手にゆったりカウンセリングみたいなことを書いていきます。お気軽に登録してください。

解除もお気軽に〜。