LINE@
LINE@にて悩み相談受付中

ゴキゲンフェス決定! 4/14 香川三豊市にて開催!

ぶっちゃけますが、ボクは長女と距離が出来たなと思って悩んだ時期がありました。

会話もしてくれなくて、どうすればいいんだろうと。でもそれはボクが個人的に学んだことで少しずつ解消されていきました。それは7つの習慣の実践であったり、アドラーさんの教えを自分の腑に落として行動したことでした。それが今ボクが発信しているゴキゲンにつながっています。特に7つの習慣ファミリーという本はボクにとって最高の出会いとなりました。今では娘はマシンガントークしてくれるほどです。

そんなこともあり、ボクは自分で出版した電子書籍『ゴキゲンを創ろう』の中に教育を書いた章がありここにはかなり想いを込めました。 
 

価値観が多様化したこの時代は、教育観も多様化させました。それは一人一人が自分の教育観を持ち、SNSを使って表現出来るようにもなりました。それはさらに多様化を加速させました。

自分の教育観を知ってもらいたい人もいるだろうし、自分の教育観に不安を抱いていたり、今の社会の方に不安を抱いていたり。そんな人も多いと思います。(そもそもボクは、教育観という価値観より大事な原理原則を話したいと思っているんですがね)

だからゴキゲンフェスは、教育をテーマにしようと思っています。まだ何が出来るか分からないけど、やります。

ボクは数年前にFacebookに書いた記憶があるのですが、

環境は教育がつくり、教育は政治がつくり、政治は人がつくり、人は環境がつくる。その循環が社会をつくり世界をつくる。

です。そしてこの中でも1番とっつきやすいのは教育だと思います。とっつきやすいというか、より身近?なのが教育かなって。誰しもがすべてに関わっていることですけどね。

とっつきやすい教育がすべてをつなぎ、未来をつくると思ってます。ボクらが自分がみたい世界の体現者。だから教育なのです。

ーーーーーーーー

以前開催した「ゴキゲンフェス序章」から抜粋したよ。

 

そして、今回正式にゴキゲンフェスを開催することに決定した。テーマは序章に引き続き、「教育」。そしてそのためにも「表現」も追加した。

 

【表現×教育】

 

これがテーマだ。

 

もう少し細かく書くと

 

【ゴキゲンフェスコンセプト】

ー教育と表現ー

みんながゴキゲンで過ごせる世の中がいいなってボクは思ってて、そんな世の中を作るために微力ながらボクの力を日本に寄与しようと思っています。

人々にゴキゲンになってもらうにはめっちゃ「教育」が大事だと思っています。

といってもここでいう教育は、「こんな教育方法がいい」とか「テクノロジーに備える」とかいったものではなく、もっと根本的なところで、【教育(子育て)に対する心構え】のようなものです。ここを伝えれるフェスにしたいと考えています。

以下のblogが今回伝えたいことの一つです。
https://kawarasista.com/archives/2805

ペルソナを絞るとすれば、

「子どもにやりたいことをやってほしいけど、やはり安定した収入がある企業に就職してほしい。けど、やはりやりたいこともしてほしい…」

と揺れて悩めるお母さんに向けてです。この葛藤を少しでも和らげてもらってゴキゲンになってほしいなって思ってます。端的にいうと、そんなに心配しなくても子どもは生きていけるよ、になりますがね。もうちょっと楽観的でいいよ、みたいな感じで。

心配もあれば見栄もある。そんな心はボクも持っていますが、出来ればやはり子どもたちには子どもたちらしく自由に自分の人生を謳歌してほしい。

そんなことを考えてのゴキゲンフェスです。もちろんすべての人の「後押し」になればいいなとも思っています。

 

こんな感じ。

だからよろしく頼むね!

 

そしてなんとこのゴキゲンフェスの舞台は…

 

 

 

小学校です。

 

 

今は廃校となってしまった場所を借りて開催します。ノスタルジー感じるやばいものを提供しますので、是非ご参加ください。

 

 

でも、まだ詳細は決まってません(笑)

随時報告していくからよろしくね。

 

ゴキゲンセミナー主催者大募集!
出版記念大サービス!!!

ゴキゲンセミナー主催者大募集!4人以上参加者がいればどこでも行きます。1人2000円だけいただいて、会場や交通費もこちらで負担します。先着5人(後3人)までです。ゴキゲンセミナーは1時間ボクが話をして、1時間みんなでおしゃべりです。

 

お試しGカウンセリング
お試しGカウセリング初回無料

1時間スカイプや電話などでいろんな話を聞きます。誰にも言えない悩みや本当に困っていることをボクに伝えてください。もちろん秘密は厳守します。(ボクが何かを話すというよりも、初回は聴き役に徹させてください。)

 

少しでもあなたの役に立てますように。

 

さあ、自分の人生を愛そう。