LINE@
LINE@にて悩み相談受付中

LINE@質問回答 ー二人辞めて私に全責任が…ー

ゴキゲンよう。

ゴキゲンさんこと藤田隆志です。世界で唯一のゴキゲントレーナーやってます(たぶん)。

 

ゴキゲントレーナーとは

カウンセリング(聞き取り)をせずに、相談者の心のコンディションを整えゴキゲンに導くトレーニングをする人。相談者が自分自身でゴキゲンを選べるように手助けする人です。

でもカウンセリングもやってます。

だいぶ前の写真を載せておきます。

 

今日はLINE@からの相談です。

 

LINE@からの相談

パンさん

うちの部署から精神的にしんどいと、長期休暇する人が2人出ました。

私に3人分の仕事が乗って来ました。

不可能なので手伝ってくれる人は居ますが、最終的な責任は私です。

ゴキゲンさんは、しんどい時はどうやって乗り越えましたか?

今ボクがパン食べたからパンさんです。

 

仕事量は、残業すればなんとかなるレベルの仕事。そして手伝ってくれる人もいるから不可能ではない。体力的にもなんとかなるけど、精神的に…、ということでした。

 

この、ボクがどうやって乗り越えたかという質問ですが、ボクはもしかしたらそこまで追い込まれたことがないかもしれません。忙しい時期はあっても、ボクは今まで雇われたことがないですから、自分の裁量でなんとかなってきました。だから、正直言って乗り越えたことはありません。

 

だから、ちょっとだけ違う回答をしますね。

 

この先は?

どんなに求められても出来ることと出来ないことがあります。仮に出来たとしても相当疲弊しなければ出来ないことがあります。だから、過度な期待に無理に応えなくていいと思います。

 

でね、そういう状況になった時は、こんなことを考えてほしいと思います。

それは

 

今のままだとこの先どうなるか?

 

です。未来の想像です。

 

いい未来が想像できるなら今しんどい状況でも我慢するという選択肢があります。ここを乗り切れば給料めっちゃあがるとか、長期休暇をもらえるとか。

 

先につながる我慢ならその選択もありです。しんどいかもしれないけど耐えるのもありです。

でも、その想像が出来ないのなら、何かを変えるべきだと思います。

 

 

 

 

環境を変える、つまり職場を変えるのがいいと思います。

 

今の会社がどんな会社かは分からないけど、人間尊重をしてくれない会社なら辞めてもいいと思います。これは想像ですけど、もしこの状況を乗り越えるとパンさんなら出来るという評価を会社から受けることになり、もしかしたら会社は、人員を増やそうとは思ってはいてもそこに注力はしないと思います。だってこなせているのだから。

 

精神的にしんどいと長期休暇が同時に二人出る会社なんてよいよの会社ですよ。(よいよとはダメって意味です)

 

経営者にとって会社は何のためにあるかというと、利益を上げるためでもなく、お客さんに喜んでもらうためでもなく、社員さんを幸せにするためにあります。そこが大元です。そのためにお客さんに喜んでもらったり利益を上げる必要があるのです。(持論)

 

 

だから、ものすごく無責任にいうけど、辞めちゃいな。

この会社は私のことを大切にしてくれている、と思えない会社なら辞めちゃいな。

 

おっと、ちょっと口調が変わってしまいましたが、本心です。

 

でね、もしかしたら、私が辞めると迷惑がかかる人がいるって思ってしまって動けないかもしれないけど、そこはなんとか自分を1番大切にしてください。優しい人ほどそう思いがちだけど、なんとか勇気を出して。

 

 

ゴキゲンで生きましょう。

笑顔で働ける職場が1番です。

 

と、最後も無責任に転職をすすめておきます。

 

ーーーーーーーーーーーー

カウンセラーの必要のない社会をつくります。

支援していただけると嬉しいです。

↓オンラインサロン ゴキゲンホーム詳細は画像をクリック!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

感想はレターポットまで。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/14303

TwitterやFacebookでシェアしてくれたら超ゴキゲンです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴキゲンセミナー主催者大募集!
出版記念大サービス!!!

ゴキゲンセミナー主催者大募集!4人以上参加者がいればどこでも行きます。1人2000円だけいただいて、会場や交通費もこちらで負担します。先着5人(後3人)までです。ゴキゲンセミナーは1時間ボクが話をして、1時間みんなでおしゃべりです。

 

お試しGカウンセリング
お試しGカウセリング初回無料

1時間スカイプや電話などでいろんな話を聞きます。誰にも言えない悩みや本当に困っていることをボクに伝えてください。もちろん秘密は厳守します。(ボクが何かを話すというよりも、初回は聴き役に徹させてください。)

 

少しでもあなたの役に立てますように。

 

さあ、自分の人生を愛そう。