ガジスタの小さくて大きな野望

かつてないほど言葉が影響を与える世の中になっている。それはやはりインターネットとSNSとスマホの「おかげ」「せい」。インターネットとSNSとスマホのおかげであり、インターネットとSNSとスマホのせい。「おかげ」という恩恵をもらっているのと同時に、「せい」という生き辛い世の中も与えてくれた。

 

人によって状況によって「おかげ」にもなり「せい」にもなり、そのどちらともの発信者にもなり受信者にもなる。そういう世の中だ。

 

そんなことを考えるとただただ単純に、言葉による「おかげ」の影響力を広めていきたいと思っている。

 

ボクは自分の理念を「つながる笑顔を創る」という確固たる文字であり言葉がある。過去から未来へ受け継がれていく笑顔。自分自身から周りへとつながっていく笑顔。そんな笑顔を創りたいと思っている。自撮りで笑顔を作るのはめっぽう苦手なんだけど、心の底からそれは思っている。ちなみに、ボクが笑顔が苦手なのは歯並びにコンプレックスがあるからだ。めちゃくちゃ顔がカッコいいのにここはコンプレックスだ。(本当は顔はカッコいいとは思っていない。ただ世界一目が綺麗なだけ)

 

そして、つながる笑顔を創るために必要なことが、いい風景といい思い出を作ることと定義している。その二つをノスタルジーを創るという言葉に置き換えて発信している(最近発信出来ていない)。

 

 

ボクの理念がつながる笑顔を創るで

僕のスローガンがノスタルジーを創る。

 

こんなイメージだ。

 

で、今現在、特にSNS上ではいい思い出を作れるようになってほしいと思いながら投稿している。どんな投稿にも100%このことを考えながら書いている。それがボクのいうゴキゲンだ。ほぼ毎朝#朝ゴキゲンとハッシュダグをつけて投稿している。それは冒頭の件につながるんだけど、言葉による「おかげ」を提供していからだ。

 

 

 

これがTwitterで最初に見れるように固定しているツイート。僕が普段ツイートしているのは全てこの部分の説明だ。(本当は、愛は動詞。主体的に応援、感謝していこうって言葉も入れたかった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにおかしなツイートをしたくなるけど、いつも「誰かのために」を考えながら書いている。それがボクがやりたいことだからだ。

 

ボク自身がこういう人間でありたいという思考を言葉にして一人でも多くの人に届けるために書いている。

この言葉で誰かの救いにならないかとか、元気にならないか、そんなことを考えながら。もちろん出来ているかどうかは分からない。もしかしたら不快に思っている人もいるかもしれない。そう思いながらも、ボクは全ての人に届いてほしいと思いながら書いている。

 

 

 

癒すこと、元気づけること。

そんないい影響を受けることによって、いい「今」を作ってほしい。

今がよければ過去の捉え方も変わってきたりするから。

 

そうしてその気持ちが周りに広がって、つながる笑顔を創っていきたい。

 

だから、ボクの思考であり思想の、「ゴキゲン」を広めたい。

「ゴキゲン」で世界にいい影響を与えたい。

 

そして、

 

ボクのお願い。ー風景をつくっていこうー

 

講演やセミナーで、最後にちょっとだけこんなお願いをしたいんだ。

 

おっと、そのためには講演やセミナーしないとっ。

 

主催してくれる方、大募集してます。

お気軽にお問い合わせください。先着1名様に限り、交通費(遠い場合は宿泊費)のみにてお伺いいたします。

 

では、今日ももう夜だけど、ゴキゲンでね。