彼女に羽を与えないから飛んでいく。 〜束縛が過ぎると心は飛んでいく〜

ごきげんよう。

ボクは創作料理が好きです。先日もバーベキューで焼きそばを焼くときにグレープフルーツ酎ハイを入れてみました。なかなか美味しかったですよ。でも入れなかったらもっと美味しかったと思います。

 

さて、今日のblogです。

 

閉じ込めようとすればするほど心は離れていく

ボクがこのblogを読んでほしい人には届かないし、届いたところで理解出来ないだろうけど、いや、理解しているつもりでもやっていることは真逆という最悪の状態なんだろうけど、書いていきます。

 

閉じ込めようとすればするほど人は離れていきます。

なぜならば、行動を制限されるからです。

非常にシンプルな答えなんです。

 

 

 

ボクは、ニコニコ、イキイキ、ノビノビ、ワクワク。そんなゴキゲンを創ろうと伝え続けています。本にもそう書いて、Twitterのトップページにも固定しています。(blog最後参照)

 

 

人を閉じ込めようとするとこの全ての感情を奪っていきます。

 

えっと、書くこともないと思いますが、ここでいう閉じ込めようというのは部屋に監禁するという意味ではありません。束縛や支配という意味です。例えば、彼氏が彼女に俺以外と遊びに行ってはいけないと言ったり、親が子にやりたいことをさせないってことです。

 

行動を制限されてニコニコするのは無理です。もちろん本人の捉え方次第でニコニコ出来ますが、その人が本当に大切なら、あなたが率先してニコニコ出来る環境を作るべきです。

 

行動を制限されてノビノビするのも、行動を制限されてイキイキするのも、行動を制限されてワクワクするのも、無理です。

 

あなたはその人のゴキゲンを全て奪っていっているのです。

 

 

もうこの人とはいたくない。

 

閉じ込めようとすれば、あなたの大切な人からそう言われる気はしませんか?

あなたが自由を奪ってしまって、もがいていることに早く気がついてください。究極のところ、相手の心は自由なんです。相手がその自由に気がついたときあなたはかえがえのない人ではなくなるでしょう。

 

ここからは、恋愛マスターのボクが、どうしたら心が離れずにいるかを伝授します。束縛してたらいつかあなたが捨てられるから、ボクがいい方法を伝えます。

 

相手の心を離さない方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば、彼女が友達と遊びに行きたいと言うとします。でも、あなたはやっぱり遊びに行ってほしくない。そんな時どう伝えるか。

 

ボクなら、

 

ゴキゲンタカシ
本心は遊びに行ってほしくないけど、でもヘプバーン(仮名)にも楽しんでほしいから、いいよ。でも帰りは遅くならないでね。愛してるよ。

 

くらいのことを言うと思います。(あ、愛してるよは言いません。)

 

自分のためなのか、相手のためなのか、ってことです。本当にその人が大切なら、その人の主張を尊重すべきなんですよね。そこに、自分の気持ちもちゃんと伝えてね。人が離れないのは、自分のことを大切にしてくれていると思ってる時や、そして本音を伝えてくれるてると感じている時です。両方大事です。

 

まあ、男友達と二人っきりで遊ぶと言われれば別の話ですが。なんでやねんってボクなら言います。(←ボクの器量は小さいですか?)

 

彼女に羽を与えて、かつ、帰ってきたい場所で居続けること。

ボクはそんなことが大切だと思っています。ニコニコ、ノビノビ、イキイキ、ワクワク、そんな感情をプレゼントすることがずっと側にいてくれる秘訣なんだと思います。

 

恋愛マスターもどき、ゴキゲンでした。

 

今回はLINE@の質問から、その人の相手の立場の人へ書いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

感想はレターポットまで。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/14303

TwitterやFacebookでシェアしてくれたら超ゴキゲンです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴキゲンセミナー主催者大募集!
出版記念大サービス!!!

ゴキゲンセミナー主催者大募集!4人以上参加者がいればどこでも行きます。1人2000円だけいただいて、会場や交通費もこちらで負担します。先着5人(後3人)までです。ゴキゲンセミナーは1時間ボクが話をして、1時間みんなでおしゃべりです。

 

お試しGカウンセリング
お試しGカウセリング初回無料

1時間スカイプや電話などでいろんな話を聞きます。誰にも言えない悩みや本当に困っていることをボクに伝えてください。もちろん秘密は厳守します。(ボクが何かを話すというよりも、初回は聴き役に徹させてください。)

 

少しでもあなたの役に立てますように。

 

さあ、自分の人生を愛そう。